甲州ぶどうのワイン
ワインイメージ

甲州ぶどうのワイン

甲州ぶどうを使ったワインを作っているワイナリーは、それぞれ異なった工夫を凝らしています。
勝沼醸造株式会社では樽発酵や、度合いを確認するためのS型発酵栓などの独自の製法を使い、「インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション」で銀賞を受賞した「アルガブランカイセハラ」など、国際レベルを視野に入れた高い品質の商品を作っています。

盛田甲州ワイナリー株式会社では、様々な醸造専門品種のぶどうを栽培し、常に新しい製品を模索しているといいます。
主力品種としては甲州、シャルドネ、甲斐ブラン、ベリーA、メルロー、甲斐ノワールなどがあります。
「樽発酵甲州」など「ジャパンワインチャレンジ」などで受賞している本格ワインのほか、飲み慣れていない人でも気軽に楽しめる甘口の製品や無添加ワインも製造しています。

蒼龍葡萄酒株式会社は無添加のワインにこだわっています。
創業は1899年と100年を超える歴史の中、昔ながらのぶどう搾り機を使い新しい製品を模索しています。
「蒼龍特別醸造甲州」はジャパンワインチャレンジで受賞している商品です。
フジッコワイナリーのテーマは「日本の料理に合ったワインとはどのようなものか」ということで、手造りにこだわったブランドです。