素敵なワイングラス
ワインイメージ

素敵なワイングラス

ワインを美味しく飲むためにはグラスにこだわることも必要となります。
基本的には、無色透明な脚付きのグラスが白ワインの微妙な色合いや、赤ワインの美しい色合いを観察でき、足付きのグラスにすることによって体温でワインが温まることを防いで適温を保つことに適しています。
そのため、グラスを持つときには脚の部分を持つようにしましょう。

ワインの種類によってグラスを選ぶ、というのもいいでしょう。
赤ワインでは空気とよく触れることによって香りが広がるという性質をもっていますので、やや大きめのグラスを使うのがコツです。
ボルドー地方で用いられているのは湯呑みに似た形、ブルゴーニュ地方では爽やかな香りのものでは底が広く口がつぼまった風船型、香りが強いものでは金魚鉢型、と性質によって望ましくなる形が違っています。
白については、デリケートな香りを楽しむためにやや小さめにするといいでしょう。
シャンパンやスパークリングワインであれば、泡立ちを楽しむために長めのグラスを選ぶようにするのが向いています。

注ぐ量は多くてもグラスの半分以下にしてください。
ワインを飲む際にはその色と香りを楽しむために、適温をできるだけ保つことが重要であるからです。